社協ってなあに?

社会福祉協議会(社協)とは

社会福祉協議会は、社会福祉法に基づく公共性の高い民間の非営利団体(社会福祉法人)です。略して「社協」(しゃきょう)と呼ばれています。阪南市社協は、住民の皆さま、校区(地区)福祉委員会、関係機関、行政などと協働で、身近な地域での住民同士の支え合い活動やボランティア活動への支援、福祉課題・生活課題を抱えた方への相談援助活動、災害時における支援活動、赤い羽根共同募金運動への協力など地域の特性に応じた活動から全国的な取り組みまで、さまざまな場面で地域福祉の推進に取り組んでいます。

社会福祉法人阪南市社会福祉協議会組織図

定款

定款(PDF)(12月4日更新)

現状報告

現状報告(PDF)

賛助会員(地域支え合い活動協力金・組織構成会員)

会員は、社協の趣旨・目的に賛同した個人・企業・法人・団体などの皆さまが、社協の事業に参加・協力などしていただくための取り組みであり、広く参加していただくことで、社協が公共性の高い民間の非営利団体(社会福祉法人)として成り立つのです。阪南市社協では、地域支え合い活動協力金として、会員募集の取り組みを行っています。

組織構成会員は、事業所や団体、機関の皆さまが、阪南市社協が目指す福祉のまちづくりの実現に向けて、さまざまな活動に社協の構成員として参加できる制度です。評議員会の選出母体となるなど、さまざまな立場から阪南市社協の事業運営に関わることで、それぞれの立場からよりよい阪南市の地域福祉の推進に参加できる取り組みです。組織構成会員名簿はこちら(PDF)になります。

理事会と評議員会

理事会は、法人の議決など意思決定事項を執行する機関になります。理事の互選で、会長1名、副会長3名が選任されます。評議員会は、定款変更や事業計画・予算、事業報告・決算など法人にとって重要な事項を諮問し、議決する機関です。社協の理事や監事を選任するのは評議員会になります。

監事

監事は、法人の事業や会計が適切に行われているか監査します。

事業計画・予算、事業報告・決算について

阪南市社協の事業計画・予算、事業報告・決算(財務諸表)の各種関係書類をご覧いただけます。

事業計画書
平成29年度事業計画書(PDF:一括DL)
予算書
平成29年度予算書(PDF:一括DL)
予算書(分割DL)
資金収支予算案書(総括表)(PDF:分割DL)
資金収支予算案書(法人本部)(PDF:分割DL)
資金収支予算案書(地域包括支援センター)(PDF:分割DL)
事業報告書
平成28年度事業報告書(PDF:一括DL)
事業報告書(分割DL)
目次
阪南市社会福祉協議会概要
会議
事業報告①
事業報告②
事業報告③
事業報告④
事業報告⑤(名簿)
決算書(財務諸表)
平成28年度決算書(PDF:一括DL)
決算書(財務諸表)(分割DL)
表紙
資金収支計算書
事業活動収支計算書
貸借対照表
財産目録
残高証明書
監事監査報告書