地域福祉推進計画

阪南市地域福祉推進計画とは

阪南市地域福祉推進計画は、公(行政)と民(市民)が知恵や資源を集め、どうすれば住みよいまちになるか、「福祉のまちづくり」はどうすれば実現できるのか、話し合い、計画化したものです。

位置づけ

社会福祉法に基づく計画であり、「阪南市総合計画」を上位計画とし、保健・高齢・障がい・児童などの計画を包含し、横断的に阪南市での地域福祉を推進するための計画です。

構成

阪南市(公)が主体となって、地域福祉を推進するための理念や仕組みをつくる「地域福祉計画」と、阪南市社協を中心に市民(民)が主体となって、市民の活動や行動のあり方を定める「地域福祉活動計画」を一体としてつくられています。
また、阪南市内の小学校区ごとの福祉課題を共有し、今後の方向性を定めた「小学校区ふくしのまちづくり計画」を校区(地区)福祉委員会が中心となってつくり、この計画に含まれています。

阪南市社協の位置づけ

阪南市社協は、市内の12の小学校区(地区)に組織された校区(地区)福祉委員会を中心に小地域ネットワーク活動を進めるなど、地域の福祉活動推進の要となって活動を展開しています。
阪南市において、社協を地域福祉推進の中核的組織として位置づけらており、地域福祉の推進における市とのパートナーとして連携を密にしながら「人権と福祉のまちづくり(地域福祉)」を推進します。

取り組みの経過

平成12年 阪南市地域福祉推進計画策定
全国に先駆けた「公民協働」の一体計画を策定
市内12校区福祉委員会が校区福祉委員会活動計画を策定
平成19年 阪南市地域福祉推進計画見直し
公民それぞれの計画を見直し
計画の進捗管理の組織として「地域福祉推進連絡協議会」を恒常設置
平成24年 第二期阪南市地域福祉推進計画策定
5つの重点課題、プロジェクトチームの設置などを盛り込みました。
市内12校区で「ふくしのまちづくり計画」を策定