阪南市社協事業一覧

CWS(コミュニティソーシャルワーカー)
地域の相談窓口として、制度の狭間の人や様々な困りごとを抱える人の悩みをキャッチし、地域の方々や関係機関の力を借りながら解決につなげます。
CWS(コミュニティソーシャルワーカー)ページへ

日常生活自立支援
認知症,知的障がい,精神障がい等があることで、ご自身で判断することに不安や困難がある人の、福祉サービスの利用手続や金銭管理のお手伝い、大切な物をお預かりすることで、安心してくらせるようサポートします。
日常生活自立支援のページへ

地域包括支援センター
保健師・社会福祉士・主任ケアマネジャーなど専門職が常駐し、介護や日常の暮らしのことなど、広く相談を受け付ける地域の窓口です。
地域包括支援センターのページへ

福祉資金貸付事業
低所得者、障がい者や高齢者の世帯を対象に、資金の貸付と民生委員による必要な生活支援を行うことで、経済的自立や生活意欲の助長促進、在宅福祉や社会参加の促進を図り、安定した生活を送れるようにすることを目的とした制度です。
福祉資金貸付事業のページへ

小地域ネットワーク推進事業
地域住民みんなで支え合う福祉のまちづくり活動を進めるため、阪南市からの補助金を受けコミュニティワーカー(地域担当職員)を配置するとともに、校区(地区)福祉委員会を中心に住民同士の支え合い活動を展開しています。
小地域ネットワーク推進事業のページへ

当事者組織支援事業
当事者組織とは、同じような経験や境遇を持つ人たちが集まり、悩みを分かち合い、解決のために学び、発信し、支え合っていく組織です。阪南市社会福祉協議会は、こうした当事者組織の組織化や、主体的に活動できるような運営支援を行っています。
当事者組織支援事業のページへ

学校安全対策事業
阪南スクールサポーター活動は、市立小学校と市立幼稚園で「来園者の受付」と「不審者の早期発見」を行う子どもたちの安全を守るボランティア活動です。
学校安全対策事業のページへ

地域介護予防事業
市からの委託を受け、校区(地区)福祉委員会の協力のもと、身近な地域で介護予防のための活動を実施しています。
地域介護予防事業のページへ

ふれ愛ホーム事業
これまで障がい者の更生施設、ボランティアや地域活動の拠点等の多用途で活用しており、平成26年度からはNPO法人「子どもNPOはらっぱ」に一部を貸し出し、子育て支援の拠点としても活用しています。
ふれ愛ホーム事業のページへ