小地域ネットワーク推進事業

小地域ネットワーク推進事業とは

「住み慣れた阪南市で安心・安全に暮らしつづけたい」
地域住民みんなで支え合う「ふくしのまちづくり」活動を進めるため、阪南市からの補助金を受けコミュニティワーカー(地域担当職員)を配置するとともに、校区(地区)福祉委員会を中心に住民同士の支え合い活動を展開しています。

校区(地区)福祉委員会とは

身近な生活の範囲で福祉活動を進めるため、概ね小学校区域ごとに 福祉委員会が設置されています。

住民が主体となって地域のくらし・ふくしを考え話しあい、必要な活動をおこなっています。 阪南市には12の校区(地区)福祉委員会があり、社会福祉協議会のコミュニティワーカー(地域担当職員)が運営を支援しています。

組織構成
地域の各種団体 自治会・婦人会・老人会・民生児童委員・青少年指導委員・保護司・更生保護女性会・子ども会・PTA・漁協等
専門機関・団体 作業所・当事者組織・ボランティアグループ・福祉施設・学校・幼稚園・CSW・駐在所等
個人 ボランティア・趣旨賛同者 等

※あくまで一例で、校区ごとに構成は異なります。

主な活動メニュー一覧
高齢者支援 見守り訪問活動・くらしの安心ダイヤル事業・ひとり暮らし高齢者食事会・いきいき健康教室
子育て支援 子育てサロン
世代間交流(昔の遊びや伝統行事等)など
障がい者支援 登下校の送迎支援、身辺援助、外出援助、作業所との交流など
まちづくり地域活動全般 まちなかサロン・カフェ
住民懇談会の開催、地域美化活動、 買い物支援、防災福祉活動、調査活動、広報誌発行など

○各地域での実際の取組みはこちら

まちなかサロン・まちなかカフェ

「身近な場所で誰もが集える「居場所」を作ろう!」という地域の皆さんの声の高まりを受け、平成23年度より、まちなかサロン・まちなかカフェを推進しています。

まちなかサロン
手芸や映画の上映など様々なプログラムを通して楽しく交流しています。

まちなかカフェ
ボランティアによる喫茶コーナーで、幅広い世代の居場所・出会いの場所になっています。

まちなかサロン・カフェネットワーク連絡会

市内で広がるサロン・カフェ同志の情報交換や質の向上などのため、平成26年度より連絡会を設置し、運営しています。

市内のサロン・カフェ一覧


まちなかサロン・カフェパンフレット(手引き編)
~思わずみんなが行きたくなるサロンカフェをつくる8つの心得~

活動している方やこれから立ち上げる方向けの手引書です。

目次

  • ①まちなかサロン・カフェが必要とされる訳
  • ②まちなかサロン・カフェとは?
  • ③社会福祉協議会の役割
  • ④まちなかサロン・カフェの7つの効果
  • ⑤立ち上げの流れ
  • ⑥活動のポイント・ひと工夫アイデア集
  • ⑦サロン・カフェでの事例
  • ⑧サロン・カフェにまつわるQ&A集