阪南市地域包括支援センター

地域包括支援センターとは

「地域包括ケアシステム」という言葉はご存じですか?
誰もが住み慣れた地域でいきいきと暮らし続けられるように、医療・福祉の様々なサービスと連携しながら地域全体で支え合う仕組みです。

その中核機関として各自治体が設置しているのが「地域包括支援センター」です。保健師・社会福祉士・主任ケアマネジャーなど専門職が常駐し、介護や日常の暮らしのことなど、広く相談を受け付ける地域の窓口です。

地域包括支援センターを阪南市社会福祉協議会が運営することで医療や福祉との連携だけでなく、住民が主体となって活動してきた地域の支え合い活動とも連携していくことができ、センター業務を通じて地域作りをしていくこともできます。

地域包括支援センターではどんなことをしているの?

「要支援1」「要支援2」の認定を受けられましたら、ぜひご相談ください!

①介護予防ケアマネジメント

要介護認定で要支援1、または要支援2と認定された人および、地域包括支援センターが実施する基本チェックリストに該当する高齢者(総合事業対象者)へ介護予防ケアプランを作成し、サービスの調整を行います。

介護・健康・福祉・医療など何でもご相談ください!「要支援者」「要介護者」関係なく誰でも!

②総合相談支援事業・訪問相談業務

社会福祉士、保健師、主任ケアマネジャー、認知症地域支援推進員等の専門性を活かし、高齢者の相談支援および訪問相談業務を行い、課題把握をします。その際、様々な地域での支え合い活動や多様な関係機関とのつなぎを意識した対応を行います。

あなたの権利をまもります。

③権利擁護事業

高齢者虐待の早期発見や予防・防止に向けた支援を行い、高齢者の生命、人権を護るため、虐待や虐待と疑われる相談・通報に対して、阪南市役所へ報告し、連携して対応します。

医療・福祉の様々なサービスと連携しながらあなたを支えます。

④包括的・継続的ケアマネジメント

行政、社協のコミュニティワーカー(校区(地区)担当者)、CSW、各関係機関、地域住民等と一緒になって個人の抱える課題を共有し、解決に向けて話し合う場を設け、多用なサービスによる支援を行います。

健康で長生きするために!

⑤介護予防支援事業

市からの委託を受け、校区(地区)福祉委員会の協力のもと、身近な地域で介護予防のための活動を実施しています。

家族が認知症かなと思ったとき、認知症の方を介護していて困ったときは悩まずご相談ください。

⑥認知症高齢者支援

認知症について、早期発見や進行防止、認知症の人や家族が安心して暮らせる支援および地域づくり等、総合的に事業を推進します。

地域包括支援センターの基本理念

①公益性

地域包括支援センター事業運営にあたって、圏域内での地域包括ケアの実現を行うため、公正で中立性の高い事業運営をおこないます。

②地域性

事業基盤と地域ネットワークを最大限に活かし、高齢者や地域全体の実態や課題を、当事者・住民活動者・事業者・関係機関等から把握・分析し、地域性を踏まえた柔軟かつ適切な事業運営に取り組みます。

③協働性

保健師、社会福祉士、主任介護支援専門員等の専門職を配置し、その知識を活かしながら情報共有しチーム内連携を図り、さらに校区(地区)福祉委員会等の住民活動者や事業者・関係機関等との緊密な連携協働体制のもと課題解決に取り組みます。


PDFファイルをダウンロード

地域包括支援センターの基本理念(PDFファイル)

地域包括支援センターの事業計画

地域包括ケアシステムの構築

地域の高齢者が住みなれた地域で安心していきいきと健康で暮らし続けられるよう、医療・福祉・介護・地域の住民活動などの様々なサービスと連携しながら、地域全体で支えていく仕組み”地域ケアシステムの構築”を目指します。


PDFファイルをダウンロード

平成29年度地域包括支援センター事業計画(PDFファイル)

平成29年度地域包括支援センター資金収支予算書(PDFファイル)


平成28年度地域包括支援センター事業報告書①(PDFファイル)

平成28年度地域包括支援センター事業報告書②会議(PDFファイル)

平成28年度地域包括支援センター決算書(PDFファイル)

お問い合わせ

名称: 「社会福祉法人 阪南市社会福祉協議会 阪南市西鳥取・下荘地域包括支援センター」
センターの所在地: 阪南市箱作3515番地7号
連絡先: (電話)072‐447‐6428 
(FAX)072‐447‐6438
開所日時: 月~土曜日 8時45分~17時15分(年末年始及び祝日は閉所)