善意の橋渡し

善意銀行(ご寄付)

善意銀行とは、全国の社会福祉協議会が設置している市民のみなさんからの寄付窓口で、お預かりした善意のこもった寄付金や物品を、必要としている人や活動につなげる事業です。 お受けしたご寄付については、年4回発行の広報紙「ふくしはんなん」で報告しています。(掲載辞退の場合を除きます。また匿名での掲載も可能です。)

寄付金

  1. 粗供養
    故人が亡くなられた際、生前や、葬儀・法要等でお世話になった地域へのお礼としての寄付金です。特にご指定がなければ、故人がお住まいだった地域の校区(地区)福祉委員会への指定払い出しとして全額配分させていただき、住民による福祉活動の資金として役立てられます。
  2. 指定寄付
    ○○団体に、○○に困っている人に、また○○を支援する活動に、など、特定の払い出し先を指定していただく寄付です。
  3. 一般寄付
    特に指定がない場合は、社会福祉協議会による阪南市内の様々な福祉活動に大切に役立てさせていただきます。

寄付物品

個人や企業からの寄付物品をお受けしています。日用品や介護用品など、必要とする方にお届けし、大変喜ばれています。

※原則未使用品に限らせていただいています。また物品によってはお受けできないものもありますので、詳しくはお問い合わせください。

税制優遇

★阪南市社会福祉協議会は税制優遇措置の対象団体となっています。


①個人からのご寄付
個人からの寄附金については、平成25年2月4日以降の寄附金より、所得金額から控除される現行の「所得控除」に加えて、税額から直接控除される「税額控除」との選択適用が可能となりました。
※控除を受けるためには確定申告が必要です。社協が発行した「領収書・受領書」及び「税額控除に係る証明書」の写しを添えて所轄税務署に申告することにより、寄附金控除を受けることができます。詳しくはお近くの税務署にお問い合わせ下さい。
②法人からのご寄付
法人から社協への寄付金については、法人税法上の損金算入ができます。詳しくは、お近くの税務署にお問い合わせ下さい。

車いすの無料貸し出し

阪南市社会福祉協議会では、車いすの無料貸出事業を行っています。
車いすの無料貸し出しはこちらをご覧ください。

回収ボランティアにご協力ください!

プルタブ、古切手、ペットボトルキャップ、使い捨てカイロ、入れ歯の回収活動をおこなっています。身近にできる善意のボランティア活動として、ぜひご協力ください。 それぞれの品目と使い道については「収集品目と使途(PDFファイル)」をご覧ください。