災害ボランティア

災害ボランティアとは

災害ボランティアは、阪神・淡路大震災以来、特に注目されるようになりました。東日本大震災の際にも、多くの災害ボランティアが駆け付けました。

NPOや企業や各種団体の活動も活発になり、その支援の輪は大きく広がり、支援活動の内容も非常に多様になってきています。


被災地を支援したい!という方

阪南市ボランティアセンター(阪南市社会福祉協議会)にご相談いただけたら、支援が必要な被災地の情報をお伝えすることができます。

災害時のボランティアセンターの役割

近年、地震や水害、火山噴火などの災害が多数発生しており、その際、被災地において復旧活動や復興活動を行うボランティアがとても重要な役割となっています。


なぜ社協が災害ボランティアセンターを立ち上げるの?

復興後の地域づくりを支援できるという点や、全国どこの市町村にもあるため、物品の支援やボランティアの支援が社協同士で行いやすく、行政や関係機関とも連携が日ごろからとれているためです。