事業計画・予算、事業報告・決算

2020年度事業報告

2020年度の主な取り組みと決算報告は以下の通りです。

その他、地域交流館の管理運営や介護予防活動の推進、赤い羽根共同募金、学校の見守り活動、介護者(家族)の会支援等にも取り組みました。

収入は199,726,209円でした。
支出は199,603,682円でした。

公共性の高い非営利団体のため市受託事業などの割合が多いですが、地域課題に合わせた柔軟な事業展開をしています。

収入(寄付)が年々減っています

少子高齢化、人口減もあり、社協の収入(年々賛助会員、法人会員の会員数)が年々減少しています。阪南市社協は、地域で安心して暮らしていくネットワークづくり、相談体制づくりに果敢にチャレンジしています。500円でもご寄付いただけると、大変助かります。

会員・ご寄付について


2022年度事業計画

【基本目標】市民みんなの基本的人権を大切にする福祉のまちづくり』

誰もが参加できる地域福祉の仕組みをつくること、一人ひとりの切実な声を受け止めることを活動の目標に、『ふだんのくらしのしあわせ』と安心を感じられる地域共生社会を、世代、分野を超えて住民のみなさんと共につくっていきます。

2022年度予算

事業報告書・決算書、事業計画書・予算書

2020年事業報告書・決算書

2022年事業計画書・予算書

現況報告

現況報告などについては、独立行政法人福祉医療機構の「社会福祉法人の財務諸表電子開示システム」をご覧ください。