阪南市社協ブログ



助成金情報紹介  公益信託今井記念海外協力基金 公益信託今井記念海外協力基金 国際協力NGO助成対象事業(2022度通常助成)

 1:46 PM  カテゴリー:ボランティア・市民活動, 助成金, 市民活動助成金

阪南市市民活動センター夢プラザより新たな助成金情報を紹介させて頂きます。

 

公益信託今井記念海外協力基金

 公益信託今井記念海外協力基金 国際協力NGO助成対象事業(2022度通常助成)

 

<助成対象>

【助成対象団体】

助成対象団体は、アジアを中心とした開発途上国において援助・協力活動を行う非営利の民間団体で、

次の要件を満たすものとする。

・開発途上国における援助事業を主たる事業目的としていること(政治的活動、宗教上の教義を広める活動、営利活動を主な目的とする団体でないこと)

・日本国内に事務所を置き、責任の所在が明確であること

・前年度の総収入額が原則 5,000万円以下の団体であること

・活動実績が2年以上あること

・助成対象事業を推進するうえで、十分な管理能力を有すると認められること

・過去に今井基金から3年間の連続助成を受けていないこと
(ただし、3年間の連続助成の最終年度から3年以上経過している場合(連続助成最終年度が2018年度以前である場合)には、再度応募できるものとする)

・現在までに今井基金から助成を受けた回数が通算5回以内であること(今井基金からの助成回数は、通算6回を限度とする)  

・申請団体またはその代表者が次に該当しないこと
暴力団、暴力団員等(暴力団員でなくなってから5年を経過しない者を含む)もしくは暴力団関係企業または総会屋等、社会運動等標ぼうゴロもしくは特殊知能暴力集団その他これらに準ずる者

【助成対象事業】

助成対象とする事業は、次の分野のものとする。

・教育・人材育成
(例:学習援助、教師・指導者育成・研修、奨学金援助、教材・教育設備・器材の購入、研修生受入れ、専門家派遣、他)

・保健衛生
(例:基礎保健知識の普及、指導者育成・研修、保健衛生設備設置・器材の購入、託児所設置、専門家派遣、他)

・医療
(例:医療・診療、医療知識・技術指導、医療設備・器材の購入、専門家養成、専門家派遣、他)

 

 

<助成額>

1件当たり50~100万円程度。

 

 

<応募締切>

2022年 1月17日(月)必着

 

詳細は下記のURLをご覧下さい。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.imai-kikin.com/guideline.html