阪南市社協ブログ



はんなん共創事業プランコンペ〔中高校生部門大賞〕飯の峯中学校の経過報告

阪南市市民活動センター夢プラザからお知らせです。

令和2年度はんなん共創事業プランコンペ〔中高校生部門〕大賞の飯の峯中学校が提案してくださいましたプランの経過報告を致します。

 

【プラン概要】

《事業の名称》

おいしさプロジェクトin Hannan

《事業のテーマ》

「食」による町おこし

《事業の概要》     

普段、行く機会がない店や、入る勇気が出ない店に気軽に足を運べて、知らなかった店のことも知ることができる。若い人たちにSNSなどで阪南市のことを発信してほしい。

《事業の展望(5年後)》

  今よりもっと親しみやすい場所になる。

 

【これまでの経過】

R2年12月
・飯の峯中学校へ訪問し大賞者へ賞状と副賞を授与。
R3年2月
・飯の峯中学校へ訪問し、教頭先生とプランの実現に向けた話し合い。
・最終審査会で撮影した、市長、教育長、佐久間先生(和歌山大学)からのメッセージDVDを届ける。(後日集会や授業で上映して頂く予定)
R3年3月

《市民活動センターサポート委員会で話し合い》
・提案した生徒はもうすぐ卒業する。次の学生にプランを引き継ぐというのは難しいかもしれないが、中学生の思いを受け取って大人の力でマルシェを実現させてあげてほしいとのこと。

 今後、ボランティア・市民活動フェスティバルやはんなん産業フェア等のイベントで中学生と協働しおすすめ商品ブースを出店しても良いかもしれない。

R3年3月
・最終審査会で撮影した、市長、教育長、佐久間先生(和歌山大学)からのメッセージDVD上映会を中学3年生各クラスでおこなった。
・上映後には各自口答での振り返りを行った。
R3年4月
≪協働をコーディネート≫
・はんなん共創事業プランコンペ一般部門大賞者のぽれぽれ広場より、阪南市内の飲食店にキッチンカー等でお店を出してもらうマルシェを企画しているという話を聞く。
 ぽれぽれ広場に「おいしさプロジェクトinHannan」との協働を提案すると「ぜひ、やっていきたい」との返事がある。
R3年4月
・飯の峯中学校へ訪問し校長先生に、ぽれぽれ広場との協働を提案。

・マルシェのチラシができしだい、飯の峯中学校から生徒に配布していただくことに決まる。

【R3年7月18日(日)】

・ぽれぽれ広場のマルシェ開催。若い世代も多く参加され、阪南市のお店を知ってもらえるきっかけになった。

 ぽれぽれ広場もFacebookやInstagramなどのSNSで、マルシェのことを発信され、中学生の思いを大人たちで叶えていくことができたのではないか。