こつこつゆうゆう体操で嬉しい結果がでました | 社会福祉法人 阪南市社会福祉協議会

阪南市社協ブログ



こつこつゆうゆう体操で嬉しい結果がでました

 10:28 AM  カテゴリー:お知らせ, その他

あけましておめでとうございます。

新年もよろしくお願いします。

 

介護予防教室の「こつこつゆうゆう体操」についてご紹介します。

こつこつゆうゆう体操は和歌山YMCAの小川先生が講師となり、校区福祉委員会などの協力を得て、より身近な地域(住民センター等)で行う体操です。

12月6日、桃の木台の住民センターで実施された教室に参加してきました。

訪れた日はちょうど最終回で、体力測定をされていました。

こつこつゆうゆう体操は1回目と10回目に体力測定を行います。

ファンクショナルリーチ
バランス力と柔軟性をみる測定です。

 

 

体力測定は、ファンクショナルリーチ、開眼片足立ち、長座体前屈、1歩踏込み、7メートル歩行の5つを行います。

その測定結果に、とても盛り上がっていましたよ。

 

そこで出会った、ある女性について今日はお伝えします。

川内さんは、以前に足の付け根の骨折をされて、手術を受けられました。

「痛みと怖さで、おそるおそるの生活になってしまって・・・」と、杖をつかないと外へ行けなくなりました。

しかし、このこつこつゆうゆう体操に3か月通うと、「脚の筋力がアップした」と喜ばれており、杖も要らなくなったそうです!!

川内さんが「1歩踏込み」という項目の体力測定をしている様子です。

初回は60cmだったのが、82cmにアップ!!

こんなにも、1歩を大きく踏み出せるようになったそうです。

その他にも、開眼片足立ちが13秒から120秒にも増えてバランス力もアップ

されていました。

小川先生から「川内さんは一番前で、いつも積極的に質問されていました」と言うお言葉があり、真面目に取り組まれていたのですね。

 

こつこつゆうゆう体操は、柔軟を養いバランスよく保つだけでなく、みなさんで楽しく筋力アップもしていきます。

 

上の写真は、内側の人が足を広げようとするのを、外側の人が広げさせないように力を入れることで、両方の人の筋力アップにつながっています。

皆さん真剣!!

 

 

 

今年もいい報告ができるように企画していきます。

来年度の実施については4月以降の「広報はんなん」でご確認ください。